ソフトブレーン・インテグレーション、Appleデバイス管理「Casper Suite」を米国JAMF Software社と提携して販売開始~今や企業で必須となった iPhone/iPad/Macの管理をオンプレミスで可能に~

  • 2015.10.23 提供:@Press

  • スポンサードリンク

  • 営業課題解決サービスを提供するソフトブレーン株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:豊田 浩文)のグループ会社で、エンタープライズ・モビリティのリーディングカンパニーであるソフトブレーン・インテグレーション株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:柴崎 忠生(*)、以下 SBI)は、世界でAppleデバイス管理ソフト「Casper Suite」を展開するJAMF Software社(アメリカ合衆国ミネソタ州)と、日本国内での販売・コンサルティング・教育・サポート及び製品連携に関して包括的な業務提携をし、2015年11月2日より販売開始いたします。
    (*)「崎」ですが、正しくはつくりの部分が「立」という文字になります。

    JAMF Software社はアメリカ合衆国ミネソタ州を拠点として、12年以上に亘りMac、iPod、iPhone、iPadなどのApple製品にフォーカスしたITマネジメントツール「Casper Suite」群を開発・提供しているグローバル企業で、米国、イギリス、フランス、ニュージーランド、オーストラリア、香港で展開しているAppleデバイス管理ソフトのリーディングカンパニーです。

    SBIは高度な専門性を有した独立系プロフェッショナルサービスやコンサルティングに対して米国Apple社からApple Consultants Networkの認可を与えられている企業です。SBIはAppleデバイスに関する専門性を活かしたiOS導入支援コンサルティングサービス「iOS ビジネスコネクト」を展開している国内屈指の企業として、中堅・大手企業を中心に320社を超える企業にAppleデバイス導入に関するコンサルティングを提供してきた実績を有しています。

    2010年にiPadが発売されて以来、企業ではiPhoneやiPadは“あったらいいな”という少し贅沢なツールから、今では必須のビジネスツールになっており、企業や文教市場での導入は増加傾向にあります。*1 更に近年Appleデバイスに企業が求めるエンタープライズ要件としては、(1)「管理に関わるコストやリソース効率を上げること」、(2)「より高度で細分化されたセキュリティやポリシーの設定をMac、iPhone、iPadと区別することなく集中管理できること」、(3)「デバイスのみならず、アプリケーションの動的配信やライセンス管理、コンテンツの動的配信や管理」などが求められています。こうした背景を受け、SBIは自社のプロフェッショナルサービスに組み込まれた製品として、Appleが提供するエンタープライズ要件を最速で実装してきた実績を持つ米国JAMF Software社のAppleデバイス管理システム「Casper Suite」を選択し国内での販売及びサポートを開始することといたしました。

    SBIでは、Windows Server、Mac OS Server、Linux(Red Hat、Ubuntu)に対応したオンプレミス版の「Casper Suite」のライセンス販売、初期デバイスの構成を含む短期構築サービス「ジャンプスタート」の提供、サポートを行ってまいります。

    *1.ITリサーチ会社の Dimensional Research社の調査レポート*2によると、企業は今後3年間にAppleデバイスが増加傾向と考えており、ITプロフェッショナル部門の80%がそれを管理するためのインフラが脆弱であると感じています。さらに増え続けるAppleデバイスのために企業の20%は新たにスタッフを増員しますが、正式なトレーニングを受けさせている企業は41%で、この先の管理に関して23%は「どうして良いか判らない」か「全くプランを持ち合わせていない」と回答しています。

    *2.Dimensional Research / May 2014「MANAGING APPLE DEVICES IN THE ENTERPRISE」


    ■業務提携内容と今後の展開
    SBIはJAMF Softwareの国内初のパートナーとなり「Casper Suite」製品群を、今後企業での利用増加が見込まれるMac OS XコンピュータとiOS デバイスを統合的に管理できるIT管理ツールとして国内企業や学校にも提供してまいります。
    「Casper Suite」は、SBIが提供するエンタープライズ・モビリティ・サービス「iOS ビジネスコネクト」を展開する上での重要なツールとなり、BYOD*3やCOPE*4といったデバイスの配布方法をサポートし、手動によるキッティングを不要にするデバイス構成Device Enrollment Program(DEP)や、iOSとMac OS Xコンピュータのアプリケーションやコンテンツ、ライセンスを同時に集中管理することが可能となります。
    学校向けの「Casper Focus」では、教員サポート機能としてどれだけの数の生徒がiOSデバイスやMac OS Xコンピュータを利用していても、授業進行に合わせて教員が生徒の手元のタブレットを遠隔で操作しコンテンツやアプリの切り替えなどができるようになります。
    「Casper Suite」はオンプレミスだけはなくクラウドでも構築が可能で、何台のデバイスであろうとも、最短日数で稼働を開始できる「ジャンプスタート」サービスもJAMF Softwareと共同で提供してまいります。
    *3.BYOD(Bring Your Own Device:私的端末の業務利用の意)
    *4.COPE(Owned Personally Enabled:業務端末の私的利用の意)


    ■JAMF Softwareアジアパシフィック・エリアマネージャのデニス・キャッシュマン氏からのコメント
    『Casper Suite』は、増加を続ける企業内のApple製品における、ソフトウェアライセンス管理、標準的なセキュリティ、エネルギー使用量、および他の組織ルールや要求を実現するためのフレームワークを提供します。私たちは日本にこのソリューションを展開し、より多くの組織がApple製品を使って成功するよう支援できることを嬉しく思います。


    ■SBIのiOS導入支援サービス「iOS ビジネスコネクト」
    Appleデバイスの導入スコープ設定、モビリティのセキュリティに関するトータルなコンサルティングと設計、運用に関わるコンサルティングと策定、デバイスやソリューションの調達、運用全般の業務代行、導入管理者向けやユーザー教育向け教育サービスと、エンタープライズ・モビリティに必要な要素を全面的にカバーしています。


    ■「Casper Suite」動作環境と提供方式
    Mac OS X Server、Ubuntu LTS Server、Red Hat Enterprise Linux、Windows 2008 Server、Windows 2012 Server上で動作するオンプレミス型、クラウド型での両提供方式をサポートしております。1日ですぐに開始できる構築サービスとしてJumpstartサービスや、教育サービスも提供しております。


    【JAMF Software社について】
    URL: http://www.jamfsoftware.com/
    2002年以降、JAMF SoftwareはApple社製品を使用する組織のサポートを世界中で行っています。Appleが世界のNo.1ブランドになる随分前からIT管理者向けに、Mac、iPad、iPhoneのインベントリ、デプロイメント、セキュア化の卓越したソリューションであるCasper Suiteを提供しています。そして、現在もCasper SuiteはApple社製品管理のトップソリューションであり続けています。Apple社製品を長年にわたり使い、自身の組織に10,000台の機器があるケースであっても、今回、初めて会社に導入しようとしているケースでも同様に、JAMF SoftwareとCaster Suiteはシンプルでセキュアな機器管理を実現します。このソリューションは企業組織だけではなく、オックスフォード大学、ウィスコンシン大学など多くの大学での授業サポートにも利用されている実績があります。


    【ソフトブレーン・インテグレーション株式会社について】
    URL: http://www.sbi.co.jp/
    SBIは、高度な専門性を有した独立系プロフェッショナルサービス・プロバイダ及びテクノロジー・コンサルティング企業に対して米国Apple社から認可されるApple Consultants Networkに参加している企業であり、Appleデバイスに関するエンタープライズ・モビリティ・サービスを展開している国内屈指の企業として、320社に及ぶ中堅・大手企業に対してAppleデバイス導入に関するエンタープライズ・モビリティ・サービスを提供した実績を有しています。SBIのエンタープライズ・モビリティ・サービスは、Appleデバイスの導入スコープ設定、モビリティのセキュリティに関するトータルなコンサルティングと設計、運用に関わるコンサルティングと策定、デバイスやソリューションの調達、運用全般の業務代行、導入管理者向けやユーザー教育向け教育サービスと、エンタープライズ・モビリティに必要な要素を全面的にカバーしています。


    【ソフトブレーン株式会社について】(コード番号4779 東証第一部)
    URL   : http://www.softbrain.co.jp/
    事業内容: 営業課題解決事業


    【本ニュースリリースに関するお問合せ先】
    ソフトブレーン・インテグレーション株式会社
    TEL  : TEL:03-6880-2630
    E-Mail : press@sbi.co.jp
  • 一覧に戻る.
  • 他の記事[0]+[1]+[2]+[3]+[4]+[5]+[6]+[7]+[8]+[9]+[10]+[11]+[12]+[13]+[14]+[15]+[16]+[17]+[18]+[19]+[20]+[21]+[22]+[23]+[24]+[25]+[26]+[27]+[28]+[29]+[30]+[31]+[32]+[33]+[34]+[35]+[36]+[37]+
  • J-sta.comでは無料で制作できるWEB BOOKツールを配布をしています。WEB絵本の詳細はこちらです。
  • ホームページ作成ならリタにおまかせください。
  • 喜治塾